オメガ コンステレーションの歴代モデルを徹底解説!【特徴・進化の歴史】

この記事ではオメガコンステレーション歴代モデルから、進化した最新モデルについてまとめてみました。

購入を検討している、または話題の一つとして興味がある方の参考になれば幸いです。

オメガコンステレーション、その名の由来と歴史

オメガコンステレーション歴代モデルの始まりは、1903年に社名変更を記念して製作されたセンテナリーをベースとして、1952年に発売されました。

ラテン語で星座を意味するコンステレーション。コンステレーションは、スイスやイギリスの天文台の時計の精度を競うコンクールで6回の優勝と2回のクロノメーター記録をとりました。

その栄誉を8つの星で表して、ふたの裏に刻印したのです。時間を正確に計測する技術がコンステレーションの真骨頂です。優れた技術のみならず、そのデザインの美しさでも当時の人々を魅了しました。

オメガコンステレーション歴代モデルは、年代を重ねるごとに優れた素材の採用にも着目、新たな素材づくりにも余念がありません。またアンティークとしての価値が高い、1969年発表のコンステレーションCラインの存在感は年々増しています。

オメガコンステレーション歴代モデルの特徴  

パイパンダイヤルを採用、1952年初代モデル

コンステレーション初代モデルは、その特徴的な文字盤が美しいドレスウォッチです。文字盤がパイ皿を裏返した形に見えるため、パイパンダイヤルと呼ばれていました。

立体的な陰影を見せる角に、12個のゴールドのマーカーが配されてきらめきます。6時の位置にある星のマークはすでにこの初代からありました。

そのきらめきに合わせて、ゴールド加工のブレスレットが採用されたヴィンテージモデルはとても華やかです。現代から見ると、その後のレディースモデルを連想させます。

オメガコンステレーション歴代モデルでは、最も華やかなりし時代と言えるでしょう。もちろん、ムーブメントに自動巻きクロノメーターを採用して高い精度も誇ります。

1950年代から1960年代にかけてはデザインの変化が大きく、それまでのドレスウォッチからスポーツウオッチへの過渡期となりました。ムーブメントの小型化にともない、パイパンダイヤルからフラットダイヤルを採用して、バリエーション豊かになっていきました。

1967年、デザイナーのジェラルド・ジェンタ氏が手がけたCラインはブレスレットと一体化させたデザインが特徴です。そのスタイリッシュなフォルムと優れた防水性から、たいへん人気の高いラインとなっています。

このCラインは、オメガコンステレーション歴代モデルの中でアンティークオメガの代名詞となっています。

1970年代:クオーツムーブメント搭載

1969年末に、セイコーがクオーツムーブメントの開発に成功しました。ロレックスやピアジェといったハイブランドが、こぞってクオーツムーブメントを搭載する大きな潮流にオメガも参戦したのです。それがオメガコンステレーション歴代モデルで異彩を放つ、コンステレーション・エレクトロクオーツです。

1980年代:革新のベゼルと4つのグリフ(爪どめ)

オメガ OMEGA コンステレーションマンハッタン ブラッシュクォーツ 131.10.25.60.53.001 新品 時計 レディース

オメガコンステレーション歴代モデルでもっとも現代に近いデザインが、コンステレーション・マンハッタンです。厚みを極限までおさえ、防水性を高めるためにベゼルを排除する必要がありました。

そのため3時位置と9時位置に、4つのグリフを装備したのです。そのグリフがデザイン性も高めてくれました。それはレディースウォッチにも生かされて、コンステレーションのアイコンともいえる存在となっています。

完成された機能美は応用範囲も広く、ゴールドやスポーツテイストなども難なく受けとめて、バリエーション豊富なラインナップとなっています。1990年代にはベゼルへローマ数字を配置して、優等生ながら個性的でエレガントな印象に進化させました。

2000年代:コンステレーションダブル・イーグル、シームレスで多彩な素材へ

【お買い物マラソン期間中は全品ポイント2倍!】オメガ OMEGA コンステレーション ダブル・イーグル 1501.30 シルバー メンズ 腕時計【中古】

2003年発売のコンステレーションダブル・イーグルは、本体とブレスレット部分がシームレスで一体感が増した仕様です。

オメガコンステレーション歴代モデルの中でも人気が高いこのモデルは、幅広くなった4つのグリフとベゼルがスポーティーな印象をかもしだしています。ワイシャツの袖口も邪魔しないすっきりとしたフォルムで、手首にストレスを感じさせません。

2009年では当時の流行を反映して、ふた裏が透ける仕様となりました。内部の動きが視認できて、精密機械好きにはたまらない、ひそかな楽しみとなっています。

オメガコンステレーション歴代モデルから派生、進化へ

2015年:派生モデル、グローブマスターは初代へのオマージュ

2015年に発売されたグローブマスターは、コンステレーション初代モデルのクラシカルな見た目と最新の機能性をあわせもっています。

パイパンダイヤルの復活で、12角形の陰影ある文字盤が現代によみがえりました。オメガコンステレーション歴代モデルでアンティークオメガとして人気のCラインのエッセンスも加えています。

対磁性と防水性にすぐれたムーブメントを搭載して、さらなる進化を遂げました。4つ爪のグリフを封印、ベゼルも高級感ある仕上がりです。バンドには革ベルト、ステンレスや独自開発の合金、ピンク色に輝くセレナゴールドも選択できるラインとなっています。

独自の進化を遂げたグローブマスターは、コンステレーションの派生モデルとして確かな人気を獲得しています。各月の英語表記がほどこされたマニュアルカレンダーコレクションは、自慢の一品になるでしょう。

2020年:マスタークロノメーター搭載最新モデル、進化は第5世代へ

2020年にはマスタークロノメーター搭載の最新モデルが発売されました。レディースモデルに2年遅れての発表です。

このモデルの最大の特徴であるマスタークロノメーターは、オメガコンステレーション歴代モデルの中で圧倒的なこわれにくさを誇ります。

8つの規格テストに合格して、初めてその称号を与えられるマスタークロノメーター。通常の2倍ほどオーバーホールの間隔があき、維持費用をおさえることが可能になりました。

エネルギーが不足した時でもその性能が低下することなく、正確に時をきざみます。デザインは象徴的な4つ爪グリフとシームレス一体型を踏襲しながら、文字盤のサイズがアジア人にも合う2種類から選べるようになりました。

さらに素材の選択肢が増えて、成熟したラインナップとなっています。

大切な人とペアにすることもできますから、記念日のプレゼントにもおすすめです。

まとめ

オメガコンステレーション歴代モデルについてまとめてみました。

つねに革新を求めるオメガの姿勢が、70年以上にわたって愛されてきた所以でしょう。それはたとえ中古品であっても高値で取引されていることが証明しています。

むしろ、価値があがっているモデルすらあるほどです。時代を読んだ精巧な技術力、優秀なデザイナーを抜擢することで、オメガコンステレーションは今後もその歩みを止めることはないでしょう。

ところで、購入を検討してここまで記事を読んできたビジネスパーソンが気になるのは、やはりその値段ではありませんか。

実はオメガコンステレーション歴代モデルがバリエーション豊富なのは、その値段にもいえるのです。為替などの不確定要素があっても、日本円で30万円台から購入できます。100万円以下のモデルも数多く、ファーストオメガなら十分に満足感が得られるでしょう。少し奮発して、リセールバリューが高いモデルを選ぶという選択肢もあります。高値で買い取る専門店も多いので、最新モデルや人気モデルを買い替えていくのもいいかもしれません。

この記事を読んで少しでもオメガコンステレーション歴代モデルの理解を深めて頂けたなら、ファンとしてはたいへん嬉しく思います。