クロコダイルの時計ベルトの手入れ方法や寿命、特徴を解説!【おすすめも紹介】

クロコダイルの革ベルトは、着用するだけで高級感のある雰囲気を出してくれるだけでなく、一般的な革ベルトよりも強度が優れているという特徴があります。

見た目の華やかさだけでなく、実用性も兼ね備えているのがクロコダイルです。

今回この記事では、クロコダイルの革ベルトを購入しようと検討している方に向けて、クロコダイルの特徴やメリット・デメリット、お手入れ方法や寿命を延ばすコツについて解説します。

クロコダイルの革ベルトについて気になっている方には必見の内容なので、ぜひ最後までご覧ください。

ワニ革を代表する3つの種類

まずワニには、大きく分けて以下の3種類が存在します。

  1. クロコダイル
  2. アリゲーター
  3. カイマン

腕時計の革ベルトに使用されるのは主にクロコダイルですが、基本的な知識として3種類のワニにどのような特徴があるか知っておくと良いでしょう。

クロコダイル

革の宝石」と呼ばれているのがクロコダイルです。

ツヤのある個性的な模様は、圧倒的な存在感を誇ります。

牛革に比べて強度がつよく、長持ちするのが特徴。また使えば使うほどツヤが出て、独特なエイジングを楽しめます。

クロコダイルは細かく分けると4種類のワニに分類されます。

  1. 模様が細かく最も価値が高いスモールクロコダイル(イリエワニ)
  2. 美しい長方形の模様が特徴のナイルクロコダイル(ナイルワニ)
  3. 日本で古くから使用されており、大きい模様が特徴のラージクロコダイル(ニューギニアワニ)
  4. 一般的なワニ革のひとつで、長方形の大きめの模様が特徴のシャムクロコダイル(シャムワニ)

一言でクロコダイルといっても、上記4つの種類に分類されることが分かります。

アリゲーター

クロコダイルに比べて、長めの長方形模様が特徴のアリゲーター。

腹部を地面にこすりながら移動する習性があるため、感覚器官の「穿孔 (せんこう)」と呼ばれる穴がなく、鱗一つひとつがツルッとした綺麗な模様になっています。

質感や見た目はクロコダイルとさほど変わらないため、個人の好みによって好き嫌いが別れるでしょう。

カイマン

ゴツゴツとした見た目から、「石ワニ」と呼ばれているのがカイマンです。

カイマン革は非常に強度に優れ、傷がつきにくく、水に対しての耐久性を備えていることが特徴です。

またクロコダイルやアリゲーターが腹部の革を使用するのに対し、カイマンは背中部分を使う場合が多いのです。

硬く隆起した背中の革は、クロコダイルやアリゲーターにはない、ワイルドな手触りや見た目で楽しませてくれます。

クロコダイル革ベルトのメリット・デメリット

ツヤのある模様で圧倒的な存在感を誇るクロコダイル。

ここではクロコダイル革を使用するメリット・デメリットについて解説します。

クロコダイル革ベルトのメリット

クロコダイル革の主なメリットは以下の3つです。

  1. 強度に優れている
  2. 唯一無二のデザイン
  3. 使えば使うほど味が出る

まず強度が非常に優れており、牛革と比較すると10倍も強いという特徴があります。

クロコダイルの分厚い革は強度・耐久性ともに優れていながらも、軽くてしなやかな性質をもち合わせているため、使い勝手が良く利便性に優れていると言えるでしょう。

また同じクロコダイルの種類であっても、同じ模様が存在しないため、唯一無二の個性あふれるレザーであることも魅力です。

ワニ革などの天然物は、個体によって質感や見た目が異なります。そのため人工的に作ったものと比べると、手にとるたびに愛着が湧くのも嬉しいポイントです。

そしてクロコダイル革は、使えば使うほど味が出るという性質があります。

使い方によって光沢が強まったり、年数が経つことで奥深い色合いに変化したりと、自分の使用状況によってさまざまな表情を見せてくれるのです。

愛用する革ベルトを、世界に一つだけのオリジナルな色合いや質感に育て上げるのも、クロコダイル革の魅力の一つです。

上記のようにクロコダイル革には、特筆すべきメリットがいくつも存在し、価値のある素材だと分かると思います。

クロコダイル革ベルトのデメリット

クロコダイル革の主なデメリットは以下の2つです。

  1. 雨や汗などの水に弱い
  2. 金属ベルトに比べると強度が弱い

まずデメリットとして挙げられるのが、クロコダイルに限らず革ベルトは水に弱いという点です。

水生動物の革とは言え、頻繁に水がかかったり、水がついたまま放置したりすると劣化します。

長い間きれいな状態で使用するには、なるべく雨や汗などの水分は避けなければいけません。

そのため雨の日や、汗をかく夏場は使用頻度を減らすことで長持ちしやすいでしょう。

また金属ベルトに比べて、強度は弱めです。革ベルトは「消耗品」として扱われるため、定期的なベルト交換は必須となります。

革ベルトはファッションに合わせやすく、装着感が良い点は魅力ですが、耐久性に関しては金属ベルトと比べるとあまり期待はできないでしょう。

腕時計のクロコダイル革ベルトを長持ちさせるお手入れ方法は?

クロコダイルの革ベルトを、なるべく長い間使用するためのお手入れ方法は以下の4つです。

  1. 使用したら乾いた布で拭く
  2. 専用クリームを塗る
  3. 防水スプレーを使う
  4. 直射日光を避ける

4つのポイントを押さえることで、きれいな状態を保ったまま革ベルトを使用できます。内容を詳しく解説します。

使用したら乾いた布で拭く

腕時計を使用したら、清潔な乾いた布で拭くようにすると劣化を抑えられます。

腕時計を身につけていると、汗やホコリなどのゴミが革ベルトに付着します。付着したゴミを使用後に拭き取ってあげることで、皮ベルトの劣化を最小限に抑えられます。

拭き取る際に、ゴシゴシと擦るように拭くのはNGです。軽く「なでる」ように拭くことで、ベルトを傷めずに余分な汚れを落とせます。

毎回使用後に拭くことは手間に感じるかもしれませんが、日々クリーニングを続けていけば、革ベルトの寿命は確実に延びるでしょう。

専用クリームを塗る

専用クリームを定期的に塗ることで、革ベルトを長持ちさせられます。

どのクリームでも良いわけではなく、クロコダイル革であれば爬虫類専用クリームを塗ると、変色や劣化を抑えられる効果を期待できます。

またクリームを塗る頻度は月1回程度がベストです。クリームの塗りすぎは逆に革の状態を悪くしてしまうため、適度に塗ることを心がけてください。

クリームを塗り終わったら、乾いた布で余分な油分を拭き取ってあげて、自然乾燥させるのも忘れないようにしましょう。

created by Rinker
BootBlack(ブートブラック)
¥3,300 (2023/02/07 03:53:38時点 Amazon調べ-詳細)

防水スプレーを使う

雨の日などに防水スプレーを使うことで、革ベルトを長持ちさせられます。

基本的に革製品は水に弱いため、雨や汗などには特に注意が必要です。

専用クリームと同じく頻繁に使うことは避け、雨の日や水がかかりそうなときだけ使用するようにしましょう。

防水性が高まり寿命が延びるのはもちろん、ツヤも出るため見栄えも良くなります。

直射日光を避ける

使用しないときは、直射日光を避けた風通しの良い場所での保管をおすすめします。

直射日光の当たる場所での保管は、革ベルトを傷めることになり、寿命が縮まる原因になります。

また湿気の多い環境での保管も避けてください。革ベルトが水分を含んでカビが生える可能性があるためです。

革ベルトの寿命を延ばすためにも、直射日光を避けて風通しの良い場所での保管を心がけましょう。

腕時計のクロコダイル革ベルトの寿命は?寿命を延ばすコツも解説

クロコダイル革ベルトの寿命は、使用頻度や使用環境にもよりますが、おおよそ2年〜4年ほどです。

牛革よりも耐久性はあるとはいえ、金属ベルトの強度には及びません。

しかし日々のお手入れや、使用方法によって寿命を延ばすことは可能です。

ここでは、クロコダイル革ベルトの寿命を延ばす3つのコツを解説していきます。

「革ベルトを頻繁に交換している」と感じている方には必見の内容です。簡単に始められることなので、ぜひ参考にしてください。

ゆるめのサイズで使う

少しゆとりのあるサイズで着用すると、劣化を防げます。

腕にピッタリときつめの状態で使用すると、革が伸びてしまい劣化を早めることになってしまうのです。

そのため着用した際に、人差し指が1本入る程度の隙間があるくらいが丁度良いサイズになります。

腕にピッタリとしたサイズは避けて、人差し指1本入る程度の隙間があることが、革ベルトの寿命を延ばすコツです。

Dバックルを使用する

Dバックルを使用すると、着脱による革ベルトの負担を最小限に抑えられます。

Dバックルは、着用の際に尾錠に通すことがなくなるため、穴の広がりや伸びを防ぐ効果を期待できます。

また着脱の落下のリスクを軽減できるため、革ベルトだけでなく時計本体の故障も未然に防ぐことが可能になるのです。

革ベルトの劣化だけでなく、時計本体も守ることのできるDバックルをぜひ検討してみてください。

休める日をつくる

使用しない日を作ることで、革ベルトの寿命を延ばせます。

当然ですが使用頻度が多いほど、革ベルトの劣化は早くなります。

可能であれば、数本ベルトをストックして交互に使うようにすると、1本1本の寿命を延ばせるようになるのでおすすめです。

最近は自分で取付可能なベルトが豊富に販売されているので、「わざわざ時計店に行くのがめんどう」と思っている方は、そちらも検討してみると良いでしょう。

自分で取付可能なベルトは、革ベルトの劣化も防げて、その日の気分によっておしゃれを楽しめるおすすめのアイテムです。

おすすめのクロコダイル革の時計ベルト

ここではおすすめのクロコダイル革の時計ベルトを紹介します。

GREDEER クロコダイル時計ベルト(シャイニング仕上げ)

シャイニング仕上げ(クロコダイル革に光沢を出すための手法)が施されており、美しいツヤが出ています。

光に当てると輝きを放つので存在感があり、腕時計が引き立ちます。

クロコダイル革の存在感を充分に楽しめる一品です。

プレミアムクロコ バックル付き時計ベルト

老舗メーカーバンビが販売しているクロコダイル革時計ベルトです。

防水加工が施されており、革ベルトを使う上で一番心配な水濡れ対策がされているのがおすすめポイントです。

バックルもついているため実用性も高く、初めてクロコダイル革を使う人にもぴったりです。

GREDEER カイマン時計ベルト

バンビのカイマンワニの時計ベルトです。

味わい深い質感があり、独特の輝きがあります。カイマンワニ特有の模様が美しく、カラーバリエーションも多いので好みのベルトが見つかると思います。

まとめ:クロコダイルは強度・耐久性の優れた高級感のある革ベルト!

ここまで紹介した記事の内容についてまとめてみます。

  • 主に3種類のワニが存在し、最も革ベルトに使用されているのはクロコダイル
  • クロコダイルの革は、牛革よりも強く長持ちしやすい
  • クロコダイルの革は、使えば使うほどエイジングを楽しめる
  • 日々のお手入れ次第で、寿命を延ばせる

今回の記事では、クロコダイルの革ベルトのメリットやデメリット、お手入れ方法や寿命を延ばすコツについて解説しました。

クロコダイルの革ベルトに替えると、一気に高級感が増し、腕時計全体の印象が変わるほどの魅力があります。

また一般的な革ベルトに比べ、強度・耐久性ともに優れている点も特徴です。

クロコダイルに限らず革ベルトは、雨や汗などの水に弱いというデメリットはありますが、お手入れ次第では長い間愛用できるアイテムです。

お手入れを含めた繊細さも、クロコダイル革の魅力なので、傷がついたり経年劣化したりといったエイジングも一緒に楽しむことをおすすめします。