カルティエの腕時計を安く修理できるおすすめの修理店【値段・納期】

カルティエ(Cartier)の腕時計が「急に動きが止まった」「時刻が大幅にズレる」「風防(ガラス)が割れた」「リューズが外れてしまった」といったことはありませんか?

それは故障が生じていたり、オーバーホール(メンテンス)の時期が来ている証拠かもしれません。腕時計は永く使っていくためにも機械式・クオーツ問わず数年に一度オーバーホールを行う必要があります。

トキゾー

オーバーホールは車で言う車検みたいなもの!

コンプリートサービスでは多くの検査項目を設け、お客様のカルティエ ウォッチが正しく機能することを確認します。5年に1度はこのサービスをお受けいただくことをお勧めします。

参考:カルティエ 公式HP

カルティエには「タンク」や「パシャ」、「サントス」、「バロンブルー」など魅力的なコレクションがありますが、メーカー正規店で修理・オーバーホールをしようとすると結構な出費になりますよね…。

そこでこの記事では、正規店よりもお得な価格でカルティエ(Cartier)の修理やオーバーホールに対応しているおすすめの修理屋さんを紹介します。

ざっくりまとめると…
見積り後の修理依頼率91.4%と価格への納得感のある「リペスタ」、最短修理完了まで2週間と短納期が魅力の「WATCH COMPANY」がおすすめ。どちらも純正部品を使って修理してくれます。

時計修理専門店の魅力

腕時計の修理専門店の魅力は下記3つです。

  1. 安心できる高い技術力
  2. メーカーより安い価格感
  3. スピーディーな納期

下記で詳しく説明します。

トキゾー

なるべく安く・早く安心して修理・オーバーホールしたい人に修理専門店はおすすめ!

安心の技術力

時計を修理・オーバーホールする際に一番重要なのは時計修理の技術力があるかどうかですよね。

せっかく修理やオーバーホールに出しても技術力のない修理店で状態が悪化したりすると元も子もないですからね。

修理専門店は修理・オーバーホールを専門に行っていることから、1級時計修理技能資格保有者が在籍しているなど確かな技術力を持っているケースが多いです。

その修理店に技術力があるかどうかは口コミを見るのが一番です。

あまりにも悪い口コミしかついていないところは、避けたほうが無難です。

納得感のある修理料金

修理・オーバーホールの価格も重要ですよね。メーカー修理よりも価格が高いのなら、正直修理専門店に出す意味がないです。

メーカーよりも修理・オーバーホール価格は安いけど技術力もしっかりしているというのが、修理専門店の魅力です。

修理完了までの納期

時計を修理に出してどれくらいの期間で手元に戻ってくるのかも大切な要素です。

愛用の時計であればできる限り早く自分の手元に戻ってきて欲しいですよね。

メーカーの場合だとオーバーホールや修理に1ヶ月以上かかることも多いです。

外国産の時計であれば、修理のために本国に送るということもあり、その場合だと手元に返ってくるまでかなりの時間を要します。

その点修理専門店であれば、日本国内で修理を行いますし納期もメーカーより早いことが多いです。

できる限り早く愛用の時計が戻ってきほしい人に修理専門店はおすすめです。

トキゾー

下記で個人的おすすめ修理店を紹介します!

カルティエの時計を修理・オーバーホールするなら「リペスタ」

カルティエの修理・オーバーホールをするなら、「リペスタ」がおすすめです。

それぞれのメーカー毎に十分な知識・経験がある工房と提携しているため、高いレベルの修理を受けることができます。

3つのおすすめポイントと時計郵送の流れ

  • 送料無料、往復送料無料に加え、見積りキャンセルも返送時送料無料
  • 十分な知識・経験がある工房と提携しているので安心
  • 幅広い純正部品の取り扱いもあるので高品質なサービスが受けられる

修理の流れは以下のとおりです。

修理流れ

まずはリペスタのサイトから送料無料の配送キットを申し込みます。配送キットが届いたら時計を送って修理の見積もりをしてもらい、料金がOKであれば修理に進む流れになります。

「リペスタ」の修理料金と納期

オーバーホールや修理価格は破損状況やメーカー等によって異なるので、まずは無料で見積もり依頼をしましょう。

外国産時計 オーバーホール
19,800円
国産産時計 オーバーホール
15,400円

カルティエの時計を修理・オーバーホールするなら「時計修理専門店WATCH COMPANY」

カルティエの修理・オーバーホールをするなら、「時計修理専門店WATCH COMPANY」がおすすめです。カルティエ専属技術者が在籍しているため、品質の高い修理・オーバーホールを受けることができます。また、カルティエの修理実績は年間数百本にものぼるということで、実績豊富のため安心して修理に出すことができます。

トキゾー

安心できる実績と技術力!

3つのおすすめポイントと時計郵送の流れ

  • 無料の梱包キットで全国どこでも修理対応が可能
  • カルティエ修理専門のチームを組み、専門的な知識を持った技術者が修理してくれる
  • メーカーより安い値段で、部品交換はメーカー純正パーツを使用している

修理の流れとして、まず公式サイトから修理・オーバーホールの依頼をすると「無料梱包キット」が送られてきます。その梱包キットに時計を入れて送ると、修理費用の見積もりの連絡があります。その価格でOKなら修理工程に進めるという流れになります。

「WATCH COMPANY」のYouTube。実際に時計を分解している様子が見られます。

カルティエの時計の修理・オーバーホール料金と納期

修理価格は破損状況等によって異なるので、まずは無料で見積もり依頼をしましょう。下記のオーバーホール代に加えて、交換部品・技術料が掛かる場合があります。

メーカーで修理するよりも最大1万円ほど安い価格で修理・オーバーホールをすることができます。

さらに納期も2週間と短いのがメリットです。

クォーツ
27,500円(納期8週間)
手巻き式
27,500円
自動巻き
27,500円
クロノグラフ
38,500円(納期3週間)

また上記の修理・オーバーホール代金に1万円をプラスすることで、「新品仕上げ」のオプションを付けることもできます。
新品仕上げとは外装・金属部分の磨きをすることで傷を取り、新品のように仕上げることです。

トキゾー

気になる傷がついてしまった場合は、新品仕上げをしてもいいですね

まとめ:カルティエを末永く使っていくために

カルティエを末永く使っていくためには、①定期的にオーバーホールを行う、②故障したら修理することが大切です。

腕時計を日々使っていると部品が摩耗したり、潤滑油が劣化したりしますからね。

「WATCH COMPANY」では、メーカーよりもリーズナブルな値段と早い納期で時計修理を行うことができます。

トキゾー

修理が安い・早い・上手い!見積もりは無料なのでまずはいくらになるか確認してみてください
カルティエ(Cartier)とは
1847年にルイ=フランソワ・カルティエが創業したジュエリー・腕時計メーカー。宝飾品のイメージのほうが強いかもしれませんが、1904年に設計されたサントス ドゥ カルティエは世界初の男性用腕時計です。タンクやサントスなど時代を超えた普遍的でスタイリッシュなデザインが特徴で、時計メーカーとしての技術力も兼ね備えたブランドです。

2 COMMENTS

高田 真美子

カルティエのパシャ自動巻きですが、
カルティエ(Cartier)の腕時計が「急に動きが止まった」「時刻が少しにズレる」
修理するのにどのくらい費用がひつようですか?

返信する
ウォッチタイムズ運営者

こんにちは。コメントありがとうございます。
故障の状態によって修理費用はかなり変わってきますので一概には言えませんが、恐らくオーバーホールが必要な状況だと思われます。
記事で紹介している「WATCH COMPANY」であれば自動巻き27,500円~の費用感です。
見積もりは無料なので一度見積依頼してみてください。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。