ビンテージウォッチを安く修理・オーバーホールできるおすすめの修理店を紹介【価格】

ビンテージウォッチを末長く使用するには、オーバーホールといったメンテナンスが必須です。

この記事では、ビンテージウォッチにオーバーホールが必要な理由や、ビンテージウォッチに良くある故障の症状について解説します。

また最後にはビンテージウォッチをオーバーホールする際のおすすめの修理方法や安心できる修理店についても紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

ビンテージウォッチとは?

ビンテージウォッチとは、主に1970年以降に製造された腕時計のことを指します。

ただし明確な年代の区切りはなく、おおよそ30年〜50年以上経過した腕時計のことを、一般的にビンテージウォッチと呼ぶことが多いです。

ビンテージウォッチは、製造された当時のデザインがそのまま維持されているものが多く、古風でノスタルジックな雰囲気があります。

何十年も前に製造されたものが多いため、手巻き式と自動巻き式の腕時計が大半を占めており、時計マニアの方が好んで集めていることも特徴です。

ビンテージウォッチにオーバーホールが必要な理由

ビンテージウォッチにオーバーホールが必要な理由は以下の2つです。

  • 大きな故障を防げる
  • 長期間使用できるようになる

2つの理由を知ることで、オーバーホールに出す重要性を理解できます。

大きな故障を防げる

ビンテージウォッチをオーバーホールに出すことで、大きな故障を防げます。

オーバーホールは、部品を全て分解し洗浄や注油、不具合パーツを交換することで、未然に大きな故障を防げる役割があります。

また、なるべく早くオーバーホールに出すことで、修理する部品を最小限に抑えれて、修理代が高額になる可能性が減ります。

腕時計も人間と同じく、定期検診による不具合の早期発見が大事です。

そのためビンテージウォッチを使用する際は、早めにオーバーホールを済ませて、未然に悪い部品を修理してから使用することをおすすめします。

長期間使用できるようになる

ビンテージウォッチをオーバーホールに出すことで、長期間使用できるようになります。

不具合箇所を特定し、新たな部品に交換することで長い間正常に動作してくれるからです。

ビンテージウォッチは、誰かから譲り受けたものや他では手に入らない希少性のある腕時計であることが多いです。

そのような大切な腕時計を長期間使用するためには、オーバーホールは必須の修理となります。

ビンテージウォッチによくある故障の症状

ビンテージウォッチによく見られる故障の主な症状は以下の4つです。

  • 油切れ
  • 部品の摩耗や劣化
  • ガラスの接着やパッキンの劣化
  • 針や文字板の腐食や錆

故障の症状を理解することで、オーバーホールのタイミングを知ることが可能になります。

油切れ

ビンテージウォッチは、油切れが起きている可能性が非常に高いです。

通常腕時計に使用されている油は、3年〜5年程度で劣化が始まります。

そのため、長期間年数が経過しているビンテージウォッチは、油切れが起きていることがほとんどです。

油切れが起こると、スムーズに機械が動作しなくなり、ゼンマイを巻いても正常に動作しないことがあります。

その場合、オーバーホールといったメンテナンスが必要になるのです。

部品の摩耗や劣化

ビンテージウォッチは、機械内部の部品などの摩耗や劣化が進んでいることが多いです。

長い間放置していたことにより部品が経年劣化し、錆や腐食が進み劣化していきます。

使用されている部品も古く、摩耗していることが多いため、歯車同士の噛み合わせが悪くなり正常に動作しないときもあります。

年数が経過するごとに修理の部品在庫も切れてくるので、早めのオーバーホールをおすすめします。

ガラスの接着やパッキンの劣化

ビンテージウォッチは、ガラスの接着やパッキンの劣化が進んでいる可能性が高いです。

年数が経過していることで接着剤が固まり、少しずつガラスとケースの間に隙間がうまれ、その箇所から水やゴミといったものが入り込み、腐食や劣化に繋がります。

パッキンの劣化も同様で少しずつ固くなることで、裏蓋とケースの間に隙間ができて防水性や耐久性が低下し、故障に繋がっていきます。

防水性や耐久性を保つためにも、オーバーホールといったメンテナンスは必須です。

針や文字板の腐食や錆

ビンテージウォッチは、文字板や針などが劣化していることが多々あります。

長期間年数が経過していることで耐久性や防水性が低下し、目に見えない湿気やホコリが侵入して部品が劣化します。

針の夜光がボロボロと剥がれたり、文字板が腐食して元々のデザインを保てなかったりと機械内部だけでなく、外装にも影響を及ぼしてしまうのです。

元のデザイン性を失ってしまう前にメーカーや腕時計専門業者にて、メンテナンスすることをおすすめします。

ビンテージウォッチをオーバーホールした場合の値段や期間

オーバーホールの値段や期間は、メーカーで依頼するか腕時計専門業者に依頼するかで異なります。

また、ブランドによっても値段に差があるのでオーバーホールを依頼する際は、見積もりを出してもらうことをおすすめです。

以下に、ロレックスやオメガなどの海外の高級腕時計をオーバーホールした際の、おおよその値段と期間を記載します。

メーカー依頼した場合

修理代:8万円〜20万円

修理期間:1ヶ月〜3ヶ月

腕時計専用業者に依頼した場合

修理代:5万円〜10万円

修理期間:1ヶ月〜2ヶ月

上記のことから、メーカーに依頼するより腕時計専門業者に依頼する方が、低コストかつ短期間で仕上がることがわかります。

ビンテージウォッチをオーバーホールする際のおすすめの修理方法

ビンテージウォッチをオーバーホールする際のおすすめの修理方法は以下の2つです。

  • メーカーに修理を依頼する
  • 腕時計専門業者に修理を依頼する

修理方法を理解しておくことで、ビンテージウォッチを長期間使用することが可能になります。1つずつ詳しく解説します。

メーカーに修理を依頼する

1つ目は、メーカーに修理を依頼する方法です。

メーカー専門の時計技師が在籍しているため、技術力はもちろんのこと、部品も純正品なので安心して依頼できます。

一方でメーカー修理の場合は、修理代が高額になりやすく、納期が長いということがデメリットです。

特にロレックスやオメガなどの海外メーカーであれば、修理代が10万円を超えることも多々あり、国内に部品在庫がなければ、海外から取り寄せになるので3ヶ月〜半年くらい期間がかかることもあります。

費用を抑えたいと考えている方や、短期間で修理を終わらせてほしいと考えている方には、メーカーでの修理は合わない可能性もあります。

また、メーカーによっては修理の際に部品を新品交換してしまう場合もあります。

ビンテージウォッチを使っている方には共感してもらえると思いますが、長年使われてきたその当時の部品をそのまま使いたいという気持ちも大きいですよね。

その場合は、新品部品に交換しないように依頼する必要があるので注意してください。

腕時計専門業者に修理を依頼する

2つ目は、腕時計専門業者に依頼する方法です。

腕時計専門業者はメーカー修理価格に比べて低価格な上に、納期が早いというメリットがあります。

一方で、修理業者によってクオリティに差があるため、技術力や対応の良い修理業者を選ぶことが重要になります。

修理業者の中にはメーカーで実際に活躍していたベテラン技師や、ロレックスなどの海外メーカー出身者の技師が在籍しているところも多く、低価格だからといって技術力が低いというわけではありません。

腕時計専門業者に修理を依頼する際は技術力や対応力をきちんと確認してから、信頼できそうな修理業者を選ぶと良いでしょう。

下記でビンテージウォッチ修理でおすすめできる修理店を紹介します。

ビンテージウォッチを修理・オーバーホールするなら「時計修理専門店CIEN(シエン)」

ビンテージウォッチを修理・オーバーホールするなら「時計修理専門店シエン」がおすすめです。

熟練の技術者が在籍しており高い技術力はもちろんのこと、メーカーで修理するより安い価格で修理依頼することができます。

3つのおすすめポイントと時計郵送の流れ

  • 見積り無料、無料梱包キットが届くため時計を送るだけ
  • 技術力のある技術者が在籍、すべて純正部品で修理してくれる
  • 時計修理完了後も1年間の保証が付いていて安心

修理の流れは以下のとおりです。

1.公式サイトにアクセスし、名前・住所・時計の種類など、情報を入力して申し込みをする

情報を入力する際のページで、無料梱包キットの有無を選択できます。

無料梱包キットを利用することで、大切な腕時計を安心して配送してもらうことができるので、「希望する」を選択するのがおすすめです。

2.無料梱包キットに腕時計を入れて発送する

梱包キットが届き次第、腕時計を梱包し、ガムテープなどでしっかりと留めます。

付属されている、着払い伝票、精密機器・取扱注意シールを貼り付けて、ヤマト運輸に集荷依頼の手続きを行い発送をしてもらいます。

3.腕時計の修理が完了するまで待つ

CIEN(シエン)に到着後、見積もりが作成され、金額に納得すると修理進行されます。

修理が完了次第、連絡が来ますのでしばらく待ちましょう。

  • 見積り無料
  • 安心の技術力


見積無料
公式HPを見てみる

「時計修理専門店CIEN(シエン)」の修理料金と納期

腕時計のオーバーホールは、基本料金+交換が必要なパーツ費用となります。

下記に参考で3つのブランドのオーバーホール価格を記載します。見積りは無料なのでまずは公式HPから見積り依頼してみてください。

ロレックス

種類 メーカー修理価格 シエン修理価格 シエン修理価格(新品仕上げ込み)
手巻き 47,300 25,300 34,100
自動巻き(カレンダーなし) 47,300 25,300 34,100
自動巻き(カレンダーあり) 48,400 25,300 34,100
GMT・ダイバー 49,500 25,300 34,100
デイデイト 60,500 28,600 39,600
デイトナ 66,000 37,400 46,200

オメガ

種類 メーカー修理価格 シエン修理価格 シエン修理価格(新品仕上げ込み)
クオーツ 49,500 17,600
クオーツ・クロノグラフ 55,000 30,800 38,500
手巻き 25,300 33,000
自動巻き 61,600 25,300 33,000
機械式クロノグラフ 83,600 33,000 40,700

カルティエ

種類 メーカー修理価格 シエン修理価格 シエン修理価格(新品仕上げ込み)
クオーツ 49,500 27,500 35,200
クオーツ・クロノグラフ 77,000 30,800 38,500
手巻き 25,300 33,000
自動巻き 62,700 25,300 33,000
機械式クロノグラフ 77,000 37,400 45,100
  • 見積り無料
  • 安心の技術力


見積無料
公式HPを見てみる

ビンテージウォッチを安く修理するなら「時計修理専門店WATCH COMPANY」

ビンテージウォッチを修理をするなら、「時計修理専門店WATCH COMPANY」がおすすめです。ロレックスやオメガ、IWC、タグホイヤーなど様々なブランドの腕時計の修理に対応しており、品質の高い修理やオーバーホールを受けることができます。

3つのおすすめポイントと時計郵送の流れ

  • 無料の梱包キットで全国どこでも修理対応が可能
  • メーカー同様の品質で修理が受けられる
  • メーカーより安い値段で、部品交換はメーカー純正パーツを使用している

修理の流れとして、まず公式サイトから修理・オーバーホールの依頼をすると「無料梱包キット」が送られてきます。その梱包キットに時計を入れて送ると、修理費用の見積もりの連絡があります。その価格でOKなら修理工程に進めるという流れになります。

「WATCH COMPANY」のYouTube。実際に時計を分解している様子が見られます。

  • 見積もり無料
  • 純正部品を使って修理


見積無料
公式HPから修理依頼をする

「WATCH COMPANY」の修理料金と納期

WATCH COMPANYでの腕時計の修理・オーバーホールの価格をいくつかまとめてみました。

メーカーで修理するよりも1万5千円以上安い価格で修理することができます。

さらに納期も2週間と短いのがメリットです。

実際の修理料金は故障の状態にもよるので、まずは無料で見積もりしてもらいましょう。また、下記ブランド以外の修理・オーバーホールももちろん可能なので、まずは見積もりを行ってみてください。

ロレックスの修理料金例

種類参考価格
手巻き23,000円+税
自動巻き3針スポーツモデル23,000円+税
デイデイト25,000円+税
デイトナ35,000円+税
(納期3週間~4週間)

オメガの修理料金例

種類参考価格
クオーツ時計15,000円+税
自動巻き18,000円+税
クロノグラフ28,000円+税
(納期3週間)
コーアクシャルモデル別途問い合わせ

タグホイヤーの修理料金例

種類参考価格
クォーツ15,000円+税
クォーツ・クロノグラフ25,000円+税
自動巻き18,000円+税
機械式クロノグラフ28,000円+税
(納期3週間)

また上記の修理・オーバーホール代金に1万円をプラスすることで、「新品仕上げ」のオプションを付けることもできます。
新品仕上げとは外装・金属部分の磨きをすることで傷を取り、新品のように仕上げることです。

トキゾー

気になる傷がついてしまった場合は、新品仕上げをしてもいいですね
「WATCH COMPANY」のおすすめポイント

  • 経験豊富な技術者が修理・オーバーホールを行う
  • 純正部品を使用して修理するので安心
  • 修理完了まで最短2週間の短納期

「WATCH COMPANY」利用者の口コミ

定期オーバーホールの依頼をした。見積りもスムーズでとても早く仕上げてもらった。仕上がりに大満足です。
スタッフが親切でサポートが手厚く感じられる。1度オーバーホール等でお世話になった後も末長くお願いしたい印象を受ける。技術力も確かな感じ。
35年連れ添った我が愛機(GMTマスター16750)が、見違えるような無傷のフォルムで戻ってきました。ウオッチカンパニーさんの卓越した技術に感無量です。
  • 見積もり無料
  • 純正部品を使って修理


見積無料
公式HPから修理依頼をする

ビンテージウォッチを安く修理するなら「リペスタ」

ビンテージウォッチを修理するなら、「リペスタ」がおすすめです。

それぞれのメーカー毎に十分な知識・経験がある工房と提携しているため、高いレベルの修理を受けることができます。

3つのおすすめポイントと時計郵送の流れ

  • 送料無料、往復送料無料に加え、見積りキャンセルも返送時送料無料
  • 十分な知識・経験がある工房と提携しているので安心
  • 幅広い純正部品の取り扱いもあるので高品質なサービスが受けられる

修理の流れは以下のとおりです。

まずはリペスタのサイトから送料無料の配送キットを申し込みます。配送キットが届いたら時計を送って修理の見積もりをしてもらい、料金がOKであれば修理に進む流れになります。

  • 見積もり無料
  • 純正部品を使って修理


見積無料
公式HPから修理依頼をする

「リペスタ」の修理料金と納期

修理価格は故障の状態によって異なるので、まずは無料で見積もり依頼をしましょう。

ロレックスやオメガ、カルティエなどの外国産時計からセイコーやシチズンなどの国産時計の修理にも対応しており、メーカーより最大50%もお得に修理・オーバーホールを受けることができます。

種類参考価格
外国産時計18,000円~+税
国産産時計14,000円~+税
「リペスタ」のおすすめポイント

  • 1級時計修理技能資格を持つ職人が修理する
  • 純正部品を使った修理対応
  • 修理見積り後の依頼率は91.4%と価格への納得感

「リペスタ」利用者の口コミ

古い思い出の時計が無事に復活しました。金額も妥当です。今もちゃんと時を刻んでいます。ありがとうございます
本当に自分の時計かと疑う位、キレイになって返って来ました。非常に満足してます。
見積段階から、非常に丁寧に対応してもらえました。完成含めて、大満足でした
  • 見積もり無料
  • 純正部品を使って修理


見積無料
公式HPから修理依頼をする

ビンテージウォッチを修理・オーバーホールする際のおすすめランキング

ビンテージウォッチをどこに修理依頼を出すか迷った際は下記のランキングを参考にしてみてください。

正直どこもおすすめできる修理業者ですが、あえて順位をつけるならということで「安心感」「技術力」「価格」などの項目で個人的に総合評価を行いました。

おすすめランキング

  • CIEN(シエン)

    CIEN(シエン)は、ロレックスやオメガ、カルティエなどの高級腕時計のオーバーホールを専門に扱っている修理店です。 メーカー修理価格より安価でオーバーホールを依頼できる上に、技術力が高いことが特徴です。

    評価
    おすすめポイント安心できる修理を安価に受けられる
    特徴見積り無料!オーバーホール後1年間保証

  • リペスタ

    それぞれのメーカー毎に十分な知識・経験がある工房と提携しているため、高いレベルの修理を受けることができます。

    評価
    おすすめポイント高品質の修理が受けられる
    特徴見積り無料!

  • WATCH COMPANY

    豊富な修理実績があり、専門の技術者が安心できる修理・オーバーホールを実施します。

    評価
    おすすめポイント修理完了までの納期が短い
    特徴見積り無料!

まとめ:ビンテージウォッチを長く使用するためにはオーバーホールが必須!

ビンテージウォッチにオーバーホールが必要な理由は以下の2つです。

  • 大きな故障を防げる
  • 長期間使用できるようになる

ビンテージウォッチを長く使用するためには、腕時計のオーバーホールは必須のメンテナンスです。

また、早めにオーバーホールを依頼することで、未然に大きな故障を防げるだけでなく、修理代も最低限の費用で済ませることが期待できます。

希少価値があり、大切な思い出の詰まったビンテージウォッチをオーバーホールに出すことで、見た目だけでなく機械の内部から輝きを取り戻せることでしょう。

メーカーの修理料金や期間に不満がある方、メーカーの対応に満足できない方は、ぜひ良質な腕時計専門の修理業者にオーバーホールを依頼することをおすすめします。

おすすめランキング

  • CIEN(シエン)

    CIEN(シエン)は、ロレックスやオメガ、カルティエなどの高級腕時計のオーバーホールを専門に扱っている修理店です。 メーカー修理価格より安価でオーバーホールを依頼できる上に、技術力が高いことが特徴です。

    評価
    おすすめポイント安心できる修理を安価に受けられる
    特徴見積り無料!オーバーホール後1年間保証

  • リペスタ

    それぞれのメーカー毎に十分な知識・経験がある工房と提携しているため、高いレベルの修理を受けることができます。

    評価
    おすすめポイント高品質の修理が受けられる
    特徴見積り無料!

  • WATCH COMPANY

    豊富な修理実績があり、専門の技術者が安心できる修理・オーバーホールを実施します。

    評価
    おすすめポイント修理完了までの納期が短い
    特徴見積り無料!